Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


それはせんせい ++++++++ 思い出し

2006/04/10 21:39

本を整理していると、懐かしいものが次から次へと出てくる。
学生時代に大量に描かされたでっかいスケッチブック、クロッキー帳。
めくっていくと、延々と卵と透明の瓶と手が描かれている。
これも思い出の品だよなあ、と思いつつゴミ選別の場所に移した。

その下には私が教育実習していたころの資料や実習ノート、授業計画表が埋もれていた。
これも思い出の品だよなあ、と思いつつやっぱりゴミ選別の場所に移した。

ちなみに私のいたコースでは、教育実習を3回やらなければ単位が出ないことになっていた。
小学校2回、中学校1回。
特に就職活動とモロかぶってしまう5月、6月の実習はどっちもおろそかにできず、かなり切羽詰ってたのを覚えている。
そんな地獄のような慌しい日々を思い出させる世にも恐ろしいものが見つかった。

「岡田先生ありがとう文集」(某中学校3年6組)

……うっわ~。
分厚い作文用紙が束ねられているそれを、怖いもの見たさに恐る恐る開いてみる。
まあ、なんというか配属されたのが毒にも薬にもならない優等生クラスだったので、三分の一の生徒は私との思い出を羅列し、最後は「先生なら素敵な先生になれると思う。がんばってください」と締められている。
私は単位のために実習に参加していたというのに……中学生の純真さが今になって心に突き刺さった。

さて、さらに読み込んでいくと
「先生は第一印象から変わっていて面白そうだと思いました」
というフレーズがやたら多いのが気になった。
心当たりもないままめくっていったとき
「壇上で、動物園のパンダにでもなった気分です、と言っていた岡田先生は今までいなかったタイプでした」
なる一言を見て、うっすらと当時の記憶がよみがえってきた。

朝の体育館。実習生紹介のためそれぞれ配属されたクラス順に並んでいる。
私は3年6組だったので一番最後。(大トリか…)とげんなりしていた。
その間にも淡々と自己紹介していく実習生たち。
みんながあまりにもシンプルにやってるので、締めくらいは受けを狙ってもいいかもしんない、と軽い気持ちで自己紹介したのがこんな感じだった。

「今日からこの学校で教育実習生をさせていただく岡田です。壇上に立ってこんなに視線が集まるとさすがに緊張します。まるで動物園のパンダにでもなった気分です。それはさておき、評判どおり○中の生徒はしっかりしていますね。体育館に入ってくる様子も見ていましたが、みんな自主的に整列していてとても感心しました。あ、でもその真ん中の列は上から見るとちょーっと曲がってるかなー」
その言葉に二年生あたりの列がさささっと動いて、すぐさままっすぐな列になる。
「○中の生徒は素直で連帯感があってとてもすばらしいです。ところで私の配属クラスは3年6組ですが……3年6組の生徒はどこにいますか?」
端のほうの列からいっせいに手が挙がる。
「ありがとう、元気そうなクラスで安心しました。3年6組だけでなく他のクラスの授業も受け持ちますので、どんな授業が待っているか楽しみにしていてください。今日から二週間、よろしくお願いします」
ぺこっと一礼して壇上を去りながら(はい、中学生ゲットー)とか思っていたのだが、今考えると若干寒い。

さらに文集をめくっていくと、どうやらこの作文は担任教師から「岡田先生のよかったところと直したほうがいいところを書くように」という指令があったようで、その直したほうがいいところがまたショッキングであった。

「先生は初日からいきなりお弁当を忘れていました。忘れ物を直したほうがいいと思います」
「先生は男言葉で話すので付き合いやすかったけれど、本当の先生になったときは男言葉はやめたほうがいいと思います」
「マニアックな話ばかりしないでください。僕はマニアックな話は分かりません」

え、ええ~。マニアックって……!?
と思いながらページをめくっていると、そこにいろんなヒントが見つかった。

「初めての帰りの会で先生がときめきメモリアルの話をしてくれたとき、実は恥ずかしくていえなかったけれど僕も友達に借りてハマっていたのでとても嬉しかったです。似てないけれど虹野の絵を描きました」
「先生は無責任艦長タイラーを知っていますか? 僕のオススメです」
「部活中にバレー部の男子の練習風景を一緒に覗いたのが楽しかった」
「先生が給食中、○○くん(不登校気味の無口な生徒)に変な漫画(←変態仮面…)の話をして笑わせていたのが面白かったです」

……あー。あーーーー。
なんか、なんか痛い自分!

それ以外にも
「掃除をサボっているとすぐに先生が飛び出してきて、僕たちはよく怒られました」
「好きなタイプ(恋の悩み?)とか聞いてくれて楽しかったです」
「先生が合唱コンクールの練習で一緒に歌ってくれたこと、一生忘れません。先生も私たちの歌声、忘れないでください」
「授業で飛び出すカードを作ったとき変な顔になって落ち込んでいたら先生は、変な顔のほうがおもしろくていい。この顔、田中邦衛みたいですごく個性的だよ。と言ってくれたのがとても嬉しかった」
など、ちゃんと先生っぽく振舞っている描写があって、とりあえずほっとした。
でも「田中邦衛みたい」って、ほめてるのか……?

なんにしても、全員が共通して書いているのは「ハキハキしていて明るく、よくしゃべる」というものだった。
ふふふ……実際はじめっとしたネガティブ子な私なのに。
よっぽど上手く演じきれていたのだろう。
だけど生徒たちが「今まで会った中で、一番好きな先生でした」「教師は苦手だったけど岡田先生とはいろんな話ができて良かった」「授業が楽しかった。堂々として実習生らしくなかった」と書いてくれているのを見るとねえ……辛いことあっても笑って学校に行った甲斐あったかな。
思わずじんわりと目頭が熱くなった。

さらに文集だけでなく他クラスの生徒からの手紙もごっそり出てきた。
一年生、二年生、三年生……そういえば私、異例の授業数を受け持っていたのだ。
他の実習生が10コマ前後なのに対して、私は20コマ(13クラス分)。
実習生いじめかと疑うほど。
だけど、それも今考えれば、いい思い出なのかもしれない。
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(5) | top▲


<<学生服は | Top | パンのご馳走>>




Comment
けっこう思い切らないと捨てられないですよね。
スケッチブック捨てる方にしましたか。
私はまだとってあります(下手すぎて見れないけど ^^;)
岡田さんに感化されて、私も物を整理しよう!と
思い立ったのはいいのですが、捨てたのトーン3枚
・・・ って、量的にほとんど変わらねー!! (汗)  _| ̄|○
【2006/04/10 23:26】 URL | かわしまっち [ 編集] | top▲


『ときメモ』と『タイラー』に反応してしまいました。
【2006/04/11 02:37】 URL | おでっさ [ 編集] | top▲


タイラーにめっさ反応しました。
当時、イベント行くほどハマっていたんですよ。
台風の中、大宮のイベント会場で並んだのを覚えているw

って、私の思いではさておき。
教育実習で20コマを受け持つ、っていうのは異常としか思えないのですけど。
しかも、就活の最中?
伝え聞く、実習生の生活を3倍忙しくするような感覚で日記を読んでいました。

P.S 即売場で売り子をしている時の笑顔で教壇に立っている姿を想像して、確かに良い先生に見えるかも~♪と思ったのは内緒です。
【2006/04/11 11:04】 URL | 吉宗 [ 編集] | top▲


ひょっとしたら、岡田先生だったのですね!
今度お会いできたら、言ってみようかなぁ~・・・。
【2006/04/11 20:29】 URL | 双葉 葵 [ 編集] | top▲


いいなぁ~。
私の実習の思い出なんて…担当教師に「キミは京都出身か?」と
聞かれたことくらいなのに。(生粋の茨城人ですよ)
そういえば、実習先で何にもらってきてない。
ほんとにドライなクラスでした…。
【2006/04/11 21:42】 URL | 紫姫 [ 編集] | top▲




コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://onnenbattery.blog10.fc2.com/tb.php/97-555b5075
FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。